<< キャバ嬢&ボーイ | main | ボーイの給料っていくらくらい? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

キャバクラに関する基本情報の整理

キャバクラの基本状況

まずは全くキャバクラについてご存じない方のための基本情報です。

【キャバクラ】

時間制料金の「キャバレー」と高級な雰囲気の飲み屋「クラブ」をあわせた造語です。
1セット(40〜60分)ごとに料金が発生します、女の子を指名することでも料金が発生します。
営業時間は夕方〜深夜0時(地域によっては1時)まで。
これは法律で定められていますのでこの時間以降も客を入店させていると違法です。
接客は男性客の隣に座って行う「接待」スタイル。
多少のタッチは許されますが、過度になると注意されます。

【キャバ嬢】

キャバクラで接客を担当する女の子。クラブで言うところの「ホステス」
最近ではキャバ嬢出身のモデルがいたり、キャバ嬢向けファッション誌があったり、果てには小学生のなりたい職業にランクインするなど広く認知されるようになってきた。
働くのは法律上18歳から可能、高校生でも一応問題はないが店側が自主規制している場合はほとんど。
平均年齢は低めで20代前半が主、20代半ばになるとベテラン扱い、30代はかなり希少。
30代以降のキャバ嬢による「熟女キャバクラ」という店が最近誕生している。

【ボーイ(黒服)】

地域や店によって呼び方は様々、他にはホールスタッフ・ウェイターなどと呼ばれることも。
仕事内容は店舗運営全般にわたる。
開店前の掃除、備品の準備、キャバ嬢の出勤管理。
営業中のお客の案内、飲み物の準備、キャバ嬢の席への配置指示。
閉店後の片付け、キャバ嬢の送迎。
店によっての違いはありますが、あまり店の中での地位は高くありません。
キャバ嬢にこき使われ使いっぱしりを命じられ、ストレスのはけ口になり…
年下の女性にそういったことをやられて嬉しいM男性には向いてるかもしれませんが。
キャバ嬢同様18歳から働けます。
水商売関係は学歴・職歴あまり関係ないので採用率は高め、ただし接客業なので礼節がしっかりしていない人はNG。30代でも結構働けます。

ざっとこんな感じです。
浮き沈み・人の流れが急な水商売の世界で生きる彼ら。
様々は愛憎劇が繰り広げられているのです…

at 13:40, kyaboy, キャバクラについて

comments(0), -, -

スポンサーサイト

at 13:40, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment