スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

キャバ嬢・ボーイの恋愛・色恋管理

キャバ嬢とボーイも男と女

キャバ嬢・ボーイ

恋愛を道具にキャバ嬢を管理

キャバ嬢とボーイが恋愛関係になることは「風紀」と呼ばれ、禁止事項であることは書きました。
でもこの「風紀」にあたらない、もしくは許される恋愛関係が「色恋管理(色管)」です。
キャバ嬢に限らず、ホストなどでも営業(接客)方法としてベタなのが「色恋営業」。
客を惚れさせて店に通わせる、お金を使わせるわけです。
これを管理者の立場として仕掛けるのが「色管」
つまりボーイ側がキャバ嬢へアプローチして惚れさせる。
それによって言うことを聞かせ、更に仕事をがんばるように仕向ける方法です。
ボーイにそれぞれ担当キャバ嬢がいて、その売上がボーイの給料に反映されるような給与体系の場合はこういった管理のしかたをするボーイがやや多いです。
キャバ嬢によっては二人の関係が純粋な恋愛関係なのか色管なのか迷ってしまうことも。
参考
キャバ嬢で、自分の担当のボーイさんに恋をしました。
※yahoo知恵袋
見分け方は難しいです。

色恋管理と本物の恋愛の見分け方

普通の男性の考えとしては、好きな彼女が客とは言え男性とにこやかに話をしたりお酒を飲んでいる姿とボーイという間近の立場で見るのは心苦しいものです。できることならばその仕事を辞めてもらいたいと思うでしょう。
しかし、色管ボーイは嬢に辞めてもらっては困ります。
かといって仕事を肯定するのも怪しまれる。
だから、○○円ためたら・他の仕事が見つかってからなどの理由をつけて引き伸ばします。
キャバ嬢としての仕事を続けさせようとするボーイにはご注意を。

トラブルの要因になりうる

この「色管」、たった一人の嬢に行われるだけでなく、複数人にまたがることも。
一応「風紀」と同様に秘密裏に行うわけですがどうしても雰囲気などで怪しまれる。
そうなると嬢の中でイジメを行う子が出てきたりトラブルになる可能性も秘めている。
優秀なボーイであればこういった手段は使わずに嬢を管理できるわけですが、時としてこういう手段に頼らざるを得ない状況になることがあるかもしれませんので参考に。

at 15:22, kyaboy, キャバクラ恋愛事情

comments(0), -, -

キャバ嬢・ボーイの恋愛・風紀

キャバクラで禁じられた恋愛

キャバクラの風紀

キャバクラにはお年頃の男女が一緒に仕事をしているわけです。
そうすると「店内恋愛」が生まれるのは必然でしょう。
この「店内恋愛」、水商売業界では「風紀」と呼びます。

「風紀」の何が問題か?

それは嬢の接客の質の低下。
恋する女性が他の男を魅了するような接客ができるかというと、NO。
わかりやすいように売上が落ちる、客が離れる嬢もいます。
最近ではネット上で情報が漏れることもしばしば(ウソ・デマもありますが)
これは店にとって見れば大問題。
客のほうにこそ向けられるべき愛情(擬似ではあるが)が店内のボーイに注がれている。
この流れ・状況は店になんら経済的恩恵を与えないのですから。
そしてお客にとってもよろしくない。
自分が高い金払って嬢の時間を買っているのにボーイはそれをタダでやっちゃう。
肉体関係を持っている事だって想像するのは簡単。
もう金払うのが馬鹿らしい、他にもキャバクラ・キャバ嬢はいるわけだからそっちへ流れます。

恋の始まりはキャバ嬢?

この「風紀」発端は嬢側の方が多い。
嬢の相談役、客のグチなどの相手ともなりますし、一生懸命働く姿に惹かれる部分もある、欲望に満ちた客との対比も大きいでしょう。
それにボーイの方が仕事上の付き合い、というスタンスを取っていることが多い(最初に嬢に手を出すなと注意されている)。
しかし、ボーイの方もモテモテ状態が続くと欲望を抑えることが出来なくなり、「風紀」の完成となるわけです。
したたかな嬢だと権限のあまりないボーイよりも店長・マネージャークラスへアプローチすることも。

at 19:47, kyaboy, キャバクラ恋愛事情

comments(0), -, -